お花について

img-artflower

アーティフィシャルフラワーとは?

アーティフィシャルフラワーとはポリエステルなどの素材を使って作られる人工造花のことです。アートフラワーやシルクフラワーとも呼ばれ、昔ながらの造花のイメージとは違い、材料や技術の進歩によって生花と見違えるほど美しく精巧に作られています。季節を問わず好きなお花を選べ、お花屋さんで見かけるお馴染みのお花はもちろん、生花では出せない色や布製ならではのアンティークな風合いのものまで種類も豊富です。

アーティフィシャルフラワーのいちばんの魅力は枯れないことです。水を必要としないのでメンテナンス性や耐久性に優れ、ブーケひとつで前撮りや結婚式当日、さらに2次会パーティーと様々なシーンで活躍してくれます。また海外挙式でも枯れや傷みの心配がなく安心して式を迎えられます。そして、挙式後も枯れることなく、思い出と共に咲き続けてくれます。

アーティフィシャルフラワーを取り扱う際の注意点

  • アーティフィシャルフラワーは屋内装飾用として開発、製造されております。直射日光の強く当たる場所でのご使用は、退色の原因となりますのでご注意ください。
  • 生地の素材によって色落ち色移りをする事があります。また、湿度が高い場所や、水に濡れた場合は特に色落ちしやすくなりますのでご注意ください。
  • ホコリや汚れが気になる場合は、固く搾った布巾等でやさしく拭き取ってください。
  • お花を引っ張りますと抜けてしまうことがありますので優しくお取り扱いください。
  • アーティフィシャルフラワーの性質上、花びらのふちから繊維が出ていることがあります。また、アンティークな風合いを出すため、花びらが焦げたようになっている部分があります。それぞれの個性として楽しんでいただけましたら幸いです。

プリザーブドフラワーとは?

プリザーブドフラワーとは、生花に特殊な加工を施すことで長時間に渡って美しい姿を楽しめるようにした、フランス生まれのお花です。 ※「プリザーブド」(preserve)…英語で「保存する」の意味

プリザーブドフラワーを取り扱う際の注意点

  • プリザーブドフラワーは非常にデリケートですので、お取り扱いには十分ご注意ください。
  • 水をあげる必要はありません。水をかけると色落ちの原因となりますので絶対にかけないでください。
  • 直射日光の当たる場所や、湿気の多い場所は避けてください。褪色や痛みの原因になります。
  • 高温多湿のところでは植物から染料がにじみ出る場合があります。人体に無害ですが衣類等につかないようにご注意ください。